競艇における決まり手とは

逃げ

競艇においては最も有利な戦法といわれ1コースの艇が、1周第1ターンマークを最初に回り、そのまま抜かれずに1着となる戦法です。

まくり

スタートは2~6コースからした艇が、1周第1ターンマークでスピードを落とさず内の艇を外から抜いていき、その後も抜かれず勝つ戦法です。最も豪快な決まり手の中で、まくりのファンは多いといわれています。内の艇より多くの距離を走ることになりますが、引き波を使って内の艇をつぶせるというメリットもあります。

まくり差し

スタートは3~6コースからした艇が、1周第1ターンマークでいくつかの艇をまくって、さらに先行しようとした艇を差して、その後も抜かれずに勝つ戦法です。高度なハンドルワークとスピード、そして判断力が必要とされる決まり手です。

差し

スタートは2~6コースからした艇が、1周第1ターンマークで内の艇を先に行かせ、空いたところで内を抜き、その後も抜かれずに勝つ戦法。まくりと違って、引き波を必ず越えることになるので、その分スピードは落ちますが減速せずに内の艇がターンマークを回るときは決まりやすい利点があります。